かに(蟹・カニ)通販・お取り寄せ店の比較・かにランキング

蟹うま.com ロゴ画像

匠本舗 おすすめ商品

タラバガニのメスとオスの違いについて

読了までの目安時間:約 4分

 

タラバガニのオス

カニのオスとメス…、それを意識して購入している人はほとんどいらっしゃらないと思います。どちらでも美味しいことには変わりないのですが、実はオスとメスで少し違った味わいを感じることが出来ると言われています。そもそも、オスとメスの見分け方はどういったものなのか、そして性別によって一体どんな味の違いがあるのかを知っていただければと思います。

 

タラバガニ メスまず、オスとメスの見分け方についてですが、蟹をひっくり返して後ろ側を見ていただきたいと思います。蟹のお腹のふんどしという部分の形に注目しましょう。オスは綺麗な三角形なのですが、メスは丸を半分に切ったような形をしていて、個体差もありますが少しいびつな半円形をしています。また、メスのふんどしは、オスのふんどしよりも大きいです。ここでオスとメスを見極めることができますので、今度タラバガニを丸ごとお目にかかる機会がありましたらぜひ見てみてくださいね。

 

基本的に、タラバガニを食べるときに皆さんカニの脚を食べることを第一に思い浮かべると思います。あの太くて立派な脚身を思いっきり食べるという点だけで考えた場合は、一般的にオスガニのほうが美味しいと言われています。理由としてメスガニは、産卵に備えて生活していますし、産卵そのものも含め卵に栄養を取られてしまうとされているからです。卵のないオスのほうが、身の入りが良く味わいも深いと言われていることもあり、市場価格だとオスの方が高く取り引きされているそうです。しかし、身入りについて言えば時期的な要素も加わるので身入りのとても良いメスもたくさんいますからあくまでも一般論として聞き流してください。

 

もうひとつ忘れてはいけないオスとメスの違いについてですが、産卵期のタラバガニのメスは“内子”と“外子”といった貴重なものを持っています。内子とは、蟹の甲羅のなかにあるまだ成熟しきっていない卵のこと。深い紫色から黒っぽい色をしており、この部分を塩漬けにしたり塩茹でしたりすると、もう絶品!その見た目からは想像できないほどの美味しさを味わうことができます。外子は、ふんどしの内側にある卵のことで、こちらも絶品。外子は醤油と大変相性が良いので、醤油に漬けて食べたり、わさび醤油で食べたりするなど美味しく召し上がる方法がたくさんあります。そんな内子と外子は時期にもよりますが大変貴重で高値のつく高級食材ですので、タラバガニのオスにはない十分すぎる魅力をメスガニは持っているといえます。

 

一番良いのは、オスとメス両方を味わってみることでしょう。今はインターネットを介してカニ通販店で簡単に新鮮なタラバガニを通年購入できるようになりました。ぜひ、そんな便利なツールを活用して、オスとメス両方の美味しいタラバガニを味わってみてくださいね。

 

タグ :    

カニ通販コラム タラバガニ通販

関連するカニ通販・お取り寄せ店比較、ランキング

関連する人気・おすすめカニ商品

関連するコラム記事