かに(蟹・カニ)通販・お取り寄せ店の比較・かにランキング

蟹うま.com ロゴ画像

匠本舗 おすすめ商品

タラバガニとアブラガニについて…見分け方

読了までの目安時間:約 3分

 

タラバガニとアブラガニについて…見分け方

どちらも同じタラバガニ科なのに、なぜか上位と認識されているタラバガニと下位に位置づけられているアブラガニ。その2種類は同じ科ということもあって、見分けるには素人では難しいと思います。その難しさは、ボイルされるとより一層見分けが付きにくくなってしまいます。見分け方について、知っておきましょう!

活ガニの場合は比較的見分けがつきやすく、アブラガニは英名通りの脚の色をしています。アブラガニは、英名で“ブルークラブ”といいます。その名の通り、脚にとても綺麗な青色をしており、それと全体的にはオレンジ色も目に付きます。それに対してタラバガニは、全体的に紫色と茶色が混ざったような色をしており、オレンジ色は見られず代わりに赤色を確認することができます。アブラガニは活蟹の状態であまり販売されていないですから、なかなか実際に見て判別する機会は少ないかもしれませんが、いざというときに見分けるポイントを掴んでおきましょう。

 

決定的に違うのが、甲羅の突起の数です。この甲羅の突起の数の違いに気が付いた消費者が過去に悪徳業者の悪事を見破り、結果タラバガニとアブラガニがしっかりと正式名称で表記されるようになったのです。タラバガニの甲羅中央には突起が6個あり、それに対してアブラガニの甲羅中央の突起は4つしかありません。これなら初心者でも簡単に見抜くことができますし、茹であがったあとはもちろん、見分けるのが難しい活蟹の状態でもこれなら見分けることが出来そうですよね!

 

半身でしか確認できない場合だと、見分ける難易がかなり高くなってしまいます。活蟹でタラバガニの半身を見たとき、脚の表面には色が紫色と茶色の混ざったような色がついていますが、裏側の脚は裏第二関節までだけ色がついています。アブラガニの脚は表面全体には青く色がついているものの、脚の裏側には色がついておらず、真っ白ですからここを見ると良いでしょう。

 

ボイルされた半身も、見分けるポイントとしては活蟹の半身と同じく脚の裏表の色を確認するのが一番です。タラバガニもアブラガニも、ボイルされた後はとても鮮やかな赤色に染まってしまいますが、脚裏の染まり具合が決定的に違います。アブラガニの脚裏は茹でた後でも白色のままで、赤く染まることがありません。従って、半身でボイル済みのものを購入いた際は、カニ脚の裏を調べて虚偽の記載で販売されていないか等をセルフチェックしてみるとより安心して食べることができますよ。

 

タグ :  

カニ通販コラム タラバガニ通販

関連するカニ通販・お取り寄せ店比較、ランキング

関連する人気・おすすめカニ商品

関連するコラム記事